生産性

    電熱ヒーターの類似製品には電熱ではなくオイルなどを使用する製品などがあります。これに関しては、どのような原動力...

    Readmore

    四季の移り変わり

    四季の移り変わりが美しい日本においては、それぞれの季節に備えた生活を送るケースが多くなります。場所によっては年...

    Readmore

    大手通販

    電熱ヒーターを取り扱う業者としては、ヒーターを全般的に取り扱う専門業者や、簡単なものであれば大手通販サイトなど...

    Readmore

高温で溶かす

電気ポット

溶解炉は、主に金属などを高温で溶かすための炉です。
また用途としては工業原料のほかにもゴミなどの焼却によって生じた不燃物を高温で溶かすといったことにも使われています。
ゴミを用途とした場合のメリットとしては、その容積を減らすことができ、また重金属やダイオキシン類などの無害化、さらに再資源化といったものがあります。
工業原料を溶かす場合には、必要な工業製品にするために行われ、不純物の取り除きや鋳造のために使われます。
加熱に使われる種類はさまざまですが、取り扱いが容易な電熱ヒーターや、可燃性ガスを利用したものが使われます。
また一部では、レンズで集束して行うものや電磁波や超音波など何らかの周波数を当てることで加熱するといった方法があります。

溶解炉の種類について

溶解炉の種類は、さまざまで大規模な工場で使われる大型のものから実験室で使われる小型のものまであります。
また加熱方法も電気、ガスなどその場に応じたものが利用できますが、一般に使われているものは主に電気を熱源とした電熱ヒーターです。
ただ、電気を熱源としているだけで、その中でもいくつかの種類があります。
一般に使わられているものとしてはジュール熱を利用したものですが、電子レンジと同じくマイクロ波を利用したもの、アーク放電を利用したものなどがあり、さらに電磁気や超音波などを利用したものがあります。
電気は比較的、調達がし易いエネルギーであり、小型化も出来るため多くの場所で使われています。
可燃性ガスを利用したものは、速やかに高温にすることが可能といったメリットがあります。

使う上での豆知識

溶解炉を使うさいには単にその物質の溶かすだけではなく発生するガスにも留意する必要があります。
特にゴミなどを処分するさいにはダイオキシン類など有毒な物質が含まれており、これらを高温で処理することで無害化を目指すことになります。
しかし、温度が少ないとダイオキシン類が無害化されないどころか、ほかに有害な物質が発生してしまう恐れがあります。
そのため燃焼温度などの監視に十分、注意する必要があります。
また工場などの鋳造などの場合には、残りカスである酸化物の発生が問題になります。
酸化物が多ければ、それだけ製品に使える量が減り効率的ではありません。
そのため、フラックスと呼ばれる溶剤を加え工夫することで酸化物の発生を抑え炉の寿命を延ばすことができます。

オススメリンク

安心して使える電熱ヒーターはこちらで作っていますよ|新日電熱工業株式会社

生産性

電熱ヒーターの類似製品には電熱ではなくオイルなどを使用する製品などがあります。
これに関しては、どのような原動力を使用するのかという事柄が異なっているだけであり、部屋などを暖め、人間が暖をとるための目的として利用される事は同じですから、使用者が使用用途によって製品を選ぶ事が可能ですが、…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31